受験料・学費・奨学金

  1. トップ
  2. 入学案内 - 受験料・学費・奨学金

受験料

夜間部社会人入試、推薦入試、一般入試全て 25,000円
  • 受験種別によらず同額です
  • 一度提出した書類および受験料は、いかなる理由があっても返還できません

学費

昼間部

  初年度 次年度以降
入学手続時 10月 4月 10月
入学金 400,000 400,000
授業料 300,000 300,000 600,000 300,000 300,000 600,000
施設維持費 120,000 120,000 240,000 120,000 120,000 240,000
教育実習費 125,000 125,000 250,000 125,000 125,000 250,000
945,000 545,000 1,490,000 545,000 545,000 1,090,000

※3年間で教科書等の費用として180,000円程度、臨床実習前の感染症検査等に40,000円程度必要です。

夜間部

  初年度 次年度以降
入学手続時 10月 4月 10月
入学金 300,000 300,000
授業料 228,000 228,000 456,000 228,000 228,000 456,000
施設維持費 107,500 107,500 215,000 107,500 107,500 215,000
教育実習費 90,000 90,000 180,000 90,000 90,000 180,000
725,500 425,500 1,151,000 425,500 425,500 851,000

※3年間で教科書等の費用として180,000円程度、臨床実習前の感染症検査等に40,000円程度必要です。

奨学金

本校奨学金について
中央医療技術専門学校奨学基金奨学生(平成12年度から実施)
この奨学基金は、本校の元学校長である石原純一氏の寄付と中央医療技術専門学校の学生給付金を基金として実施される学校独自の奨学制度です。特待奨学金奨学生と一般奨学金奨学生があります。
(1)特待生奨学金奨学生
特待奨学金奨学生は、成績および生活態度人物等優秀な者を選び、年1回奨学金が授与されます。
〈年額及び人員〉
年額:年次の授業料の2分の1に相当する金額
人数:昼夜間部各学年の1名
(2)一般奨学金奨学生
一般奨学金奨学生は、本校在学中に突発的事由により就学を続けることが困難となった学生に貸与される奨学金です。
〈出願資格〉
本校在学する学生で、日本育英会および都道府県市区町村などの奨学金制度で、補填できない学生
〈貸与金額〉
在学期間を通じて最高100万円
一般奨学金
  • 日本学生支援機構
  • 東京都育英資金
日本学生支援機構
日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金
日本学生支援機構は、日本育英会から全業務を引き継ぐために設立された法人であり、人物,学業成績とも優秀かつ健康な学生で、主として経済的理由のため学資の支弁が困難なものに対して学資の貸与を行い、国家社会に有用な人材を育成することを目的とした奨学制度です。
日本学生支援機構の奨学金には、「第一種」(無利子貸与)と「第二種」(旧きぼう21プラン・有利子貸与)があります。
〈貸与月額〉
第一種奨学生:
自宅通学者 30,000円、53,000円より希望する奨学金を選択できます。(平成26年度入学者)
自宅外通学者 30,000円、60,000円より希望する奨学金を選択できます。(平成26年度入学者)
第二種奨学生:
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円より希望する奨学金を選択できます。
学生支援機構はこちら
東京都育英資金
出願手続・選考方法などは日本学生支援機構の奨学金とほぼ同様に学校を通じて受け付け、東京都私学財団によって推薦者の選考・採用が行われます。(変更になる場合があります)
〈貸与月額〉
月額53,000円(無利子)(平成26年度入学者)
東京都育英資金はこちら

資料請求はコチラから